| 

「懐かしさ」が人を動かす

岐阜県賀茂郡の家電サポートいまいさんでは、「せっかくのパナソニック100周年のイベントをエモいイベントにしたい」という思いから、単なる売り出し的なイベントではなく、お客様と一緒に歴史を振り返り、懐かしむような工夫をされました。

 

イベント前に、お客様から「一番の思い出の家電品」「一番嬉しかった家電品」を聞いてまわりました。

カラーテレビや洗濯機などが多いだろうと思っていたところ、ドライヤーとか、ゆで卵器とか、意外な答えが多かったそうです。

 

そして何といっても、そんな話をされるお客様は一様に嬉しそうで、その頃の人生を懐かしんでいらっしゃったそうです。それこそ「エモい体験」になっていきました。

 

さらにそれに絡んで、地域の歴史の話題が出てきたため、イベントにあわせて、パナソニック100年の歴史と、日本の歴史、地元・地域の歴史をまとめた年表を作成されました。

 

そして、駄菓子も。

   

いや~、懐かしいですね。

「懐かしさ」というのは、代表的な「エモ要素」です。

 

こういった様々な工夫が実ったのか、今回のイベント初日1日の来場世帯数が92世帯と過去最高になったそうです。

 

今井さんの想いや様々な取り組みによって、「お客様が行きたいイベント」になったものと思われます。

 

今の時代でも、お客様の「行きたい」を作ることができれば、イベント来場者数を増やすことができるんですね。